産業保健師 配置人数

産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状

◆産業保健師が1人しかいない職場が全体の約4割
産業保健師というと、医務室に1人しか存在していないというイメージが強い人も多いでしょうが、実際にはどのような感じなのでしょうか。産業保健師は現在約3500人ほどが勤務していると言われているのですが、その中の約4割が1人で勤務していると言われています。よって半数近くの産業保健師は1人で勤務していることになるのです。

 

ちなみに産業保健師というのは、1つの企業に対して1人というわけではなく、1つの社内に1人というのが一般的で、大手企業の場合には複数の支社や営業所、工場などを持っている場合が多くなっています。よって本社に1人で勤務しており、別の工場にも1人勤務しているというのが一般的です。大手企業の場合には、少なくても大体100人単位の人が勤務していますし、多い場合には1つの職場に1000人以上勤務している場合もあるので、大体産業保健師1人が1000人の社員を担当しているとも言われています。

 

それぐらい産業保健師は大変な仕事なのですが、それでも1人しか採用しないのは、やはり不景気な時代が長続きしているので、人件費を抑えたいというのが本音でしょう。近年はちょっとしたことが原因でトラブルになるため、万が一のために産業保健師を採用する企業も多くなっています。

 

●企業全体では何人ぐらいの産業保健師がいるのか
企業によって規模も工場や支社の数も異なっているので、産業保健師の人数は企業によってかなり変わってくるのですが、企業全体で見てみると、多い企業では10人前後の保健師が存在している企業もあります。逆に工場でのみ産業保健師を採用し、本社や支社には産業保健師がいないという会社も存在しています。

 

よって企業全体でも3人ぐらいしか採用していない場合も多いですし、本社と工場が一体化していることが多い中小企業では、会社全体でも産業保健師は1人しかいないのが一般的です。今後景気がよくなってくれば、もっと多くの産業保健師を採用する企業も増えてくるでしょう。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較