産業保健師 インターンシップ

産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!

インターンシップとは、簡単に言えば、企業と学校が連携し、学生に就業体験をさせることなのです。産業保健師として勤務したい場合、通常は他の仕事を行ってから求人を探して転職する人が多くなっていますが、学校卒業後にすぐに就職することも不可能ではありません。

 

学生のころから将来は民間企業で産業保健師として働きたいという希望があるのであれば、学生のうちにインターンシップを活用しておいた方がおすすめできます。ただし、全ての企業でインターンシップを導入しているというわけではないですし、大学の方も全ての大学で導入されているわけではありません。

 

近年ではインターンシップを導入する学校や企業が増加傾向にあるので、これから保健師を目指して大学へ行くという人は、このような制度があるということを知っておくとよいでしょう。活用できるものはしっかりと活用しておくことも、社会へ出て仕事をしていく上では大切なことです。

産業保健師に必要なスキルや経験を実感することができる

学生ではこのような仕事をしたい、このような会社に就職したいと希望していても、実際に働いてみると全く思い描いていたのと違っていたと言って、失望してしまうこともあるでしょう。そんなときにはインターンシップを活用することで、実際に職場体験ができるので、思っていたのと違うという失敗をしないで済むでしょう。しかもどのような仕事をしているのかわかるので、どういったスキルを身に付けるべきかもわかるようになります。

 

産業保健師の場合でも同様ですが、産業保健師がどのような仕事をしているのかというのは、メンタルケアや健康相談と言った簡単なことしかわかりません。しかし、インターンシップを活用して就業体験をすれば、実際に仕事を行っているところを見ることができるので、どのような勉強をして、どういったスキルを身に付けるべきかがわかるのです。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較