産業保健師 〜転職先としての3つのメリット〜

産業保健師 〜転職先としての3つのメリット〜

穏やかな職場環境

保健師の仕事に楽な職場は存在していませんので、産業保健師とにも大変な面はあります。特に産業保健師は医務室に1人で勤務することも多く、社内全体によく目を凝らしておく必要がありますし、メンタルケアに力を入れている企業も多いので、的確なアドバイスを行う必要もあります。

 

しかし、他の保健師の職場に比べると常に忙しいというわけではないので、体力的・精神的負担は少なく、働きやすい職場環境と言えるでしょう。

条件の良い待遇面

産業保健師は、数多くある保健師の職場でも給料が高くなっている傾向にありますし、民間企業の中でも産業保健師を採用しているのは大半が大手企業となっているので、福利厚生も公務員ほどではありませんが、かなり恵まれていると言えるでしょう。

 

産業保健師に転職したいと希望する人の多くは、給料が高いことが魅力的に感じているので、倍率が高くなる場合もあるのです。

 

基本的に産業保健師には、公務員として公共施設で働く行政保健師、学校の保健室で働く学校保健師、病院やクリニックで働く医療機関勤務の保健師と産業保健師があるのですが、この中では最も給料に恵まれています。もちろん勤務先の企業によってある程度差があるので、全ての企業で給料が恵まれているとは限りません。

やりがいを持って働ける

民間企業の医務室で勤務する産業保健師の場合には、1人で勤務することが多くなっているので、自分で色々と判断する必要があります。よって自分の力量によって、社員が満足してくれるのか、もしくは不満に感じるのかが決まってしまうので、大変な反面やりがいのある仕事だと言えるでしょう。

 

自分の力で多くの悩める人を救えると考えれば、やはり保健師という職業は大切だと認識できますし、保健師は看護師の資格も保有していなければいけませんので、看護師としての知識も持っていることから、看護師と同じく応急処置なども行える産業保健師の大切さを多くの人にも知ってもらえるのです。