産業保健師 勉強

産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強

●関連資格を取得するための勉強
産業保健師として転職するためには、保健師の資格を取得していれば問題ありません。しかし、産業保健師はとても倍率が高い求人として知られているので、転職活動をするのと同時に、関連資格を取得するための勉強をしておくことをおすすめします。関連資格を持っているということは、しっかりと知識を持っているということを証明できるので、転職のときには最も強力な武器となります。

 

もちろんどのような資格でもよいというわけではなく、産業保健師として働くのに役立つ資格でなければいけませんので、まずはどのような資格が存在しているのかを知っておくことが重要です。資格の種類がわかったら、今度はどの資格を取得するべきか検討するのですが、産業保健師として勤務する場合に、多くの人が資格の取得を目指しているのが産業カウンセラーと呼ばれている資格です。

 

もちろん多くの人が取得している資格を取ることで、自分もこれだけの知識があるということを証明できるので問題はありませんが、他の資格を取得することを考える人もいます。中には複数の資格取得を目指す人もいるのですが、やはり資格を1つに絞って勉強した方が効率的でしょう。

 

●書籍やセミナーを活用して産業保健の基礎を身につけておく
産業保健師として仕事をする以上は、産業保健師というのはどのような仕事をするのか知っておくべきでしょう。インターネットを利用して自分で勉強してもよいのですが、インターネットではメンタルケアや健康相談など、大雑把に書かれていることが多いので、情報収集に時間が掛かってしまいます。

 

そうすると時間がもったいないので、やはり書籍を購入して勉強するか、時間があるならセミナーに参加してみるという方法もあります。書籍は産業保健師の仕事に詳しい人が書いていますし、セミナーは産業保健師として実際に勤務している人などが講師として招かれているので、かなり参考になるでしょう。そうなるとセミナーや研修会に参加する方法が最も産業保健師の仕事を知る上では有効的です。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較