産業保健師の年収・給料

産業保健師の年収・給料の相場 応募してもOKなボーダーラインは?

■産業保健師の平均的な給料
保健師は国家資格を持っていないと仕事ができませんので、当然他の職業に比べて給料は高く設定されていることが多くなっていますが、平均するとどれぐらいの給料になっているのでしょうか。保健師の給料は看護師と同じぐらいになっているので、大体年収にすると400万円から500万円ぐらいが保健師の平均的な給料だと言えるでしょう。

 

しかし、産業保健師は他の保健師と比べても給料が高くなっている傾向にあるので、平均すると大体500万円から600万円ぐらいの給料となります。もちろん産業保健師は民間企業に勤務するので、務める会社によって給料もかなり変わってくるのですが、平均するとやはり高くなっていることが多いでしょう。

 

月収にすると大体40万円前後が一般的で、更にボーナスはほぼ確実に支給されると思ってよいでしょう。当然昇給もあるので、初任給でいきなり高い給料をもらうのは難しいですが、長年勤務して昇給を繰り返していけば、大半の企業では平均年収に到達するでしょう。しかも産業保健師を採用している企業は大手企業が多いので、当然待遇もよくなっているのです。

 

■応募のボーダーラインを設定しよう!
産業保健師として仕事をしたいと考えている人の多くは給料が高いという理由でしょうが、民間企業なので、会社によって給料はかなり異なってくるのが一般的です。そこでどれぐらいのボーダーラインであれば応募してみようと考えるのでしょうか。それは人によって感じ方が違うので、ボーダーラインというのは実際に存在していません。人によっては月収30万以上と決めていることもあれば、20万以上であればよいと考えている人もいます。

 

また、産業保健師の場合には福利厚生がしっかりと整っていることも多いので、基本給は気にしないで総支給額や福利厚生の種類を重要視して応募する人もいます。よって産業保健師の求人に応募する最低限の給料というのは人によってさまざまなので、自分自身でこのぐらいの給料は欲しいと決めておくべきですが、あまり高望みするのはよくありません。