産業保健師の求人情報【短期〜長期の契約社員の案件】

産業保健師の求人情報【短期〜長期の契約社員の案件】

勤務期間をしっかりと理解しておくことが大切

契約社員というのは、何年間働くとあらかじめ決められている雇用形態なのですが、契約社員というのは、短期アルバイトや単発アルバイトとは違い、期間の設定はバラバラになっているのです。よって短期間しか勤務できない場合もありますし、契約を更新することで長年勤務できるような求人も出ているのです。

 

よって契約社員として勤務するのであれば、求人票に書かれている勤務期間をしっかりと確認しておくことと、面接に行ったときにも必ず確認しておかないといけません。ただし、産業保健師として契約社員で採用してもらうには、ある程度経験がないと難しいのですが、長期の契約社員であれば、多少経験が浅くても採用してくれる職場はあります。

契約社員としての立ち位置を確認

よく勘違いしている人も多いのですが、契約社員というのは働く期間が定められている正社員だと思っている人がいます。しかし、実際に契約社員と正社員では全く待遇が異なってしまうのが一般的です。よって契約社員というのは、働く期間を設けているアルバイトに近い感じとなっているのですが、当然アルバイトとも多少異なっています。

 

アルバイトの場合には勤務時間が短い場合もありますし、勤務日が短い場合もあるのですが、契約社員というのは基本的にフルタイムとなっているので、この点では正社員に近いと言えるでしょう。また、給料も自給支給ではなく月給支給となっていることが多くなっています。ただし、社会保険に加入できない場合や、ボーナスが支給されない場合、昇給がない場合、手当が少ない場合などもあるので、このような点はアルバイトに近いと言えるでしょう。

 

しかし、近年ではアルバイトでも社会保険への加入や昇給、賞与がある場合も多いので、契約社員でも正社員に近い待遇で採用してもらえることも多いでしょう。また、産業保健師として就職する場合には、勤務期間が短く設定されていることが多いのも特徴です。よって正社員と契約社員ではいろいろ異なっている点があることを知っておきましょう。