産業保健師の求人情報【正社員・常勤雇用の案件】

産業保健師の求人情報【正社員・常勤雇用の案件】

産業保健師として働くのであれば、やはり正社員として採用してもらうのが最もよい方法なのですが、なぜなら正社員は他の雇用形態に比べて最も条件がよくなっているからです。通常産業保健師を採用する企業というのは、大手企業や人数の多い中小企業となっているので、しっかりと社会保険にも加入できますし、昇給やボーナスも支給されることが多くなっています。

 

もちろん中小企業よりも大手企業の方が条件はよくなっていますし、求人の数も大手企業の方が多くなっています。もちろん会社によって待遇は大きく異なってくるのですが、異なっている点は初任給と昇給額、ボーナスの支給額と手当ぐらいでしょう。ただし、民間企業なので給料は会社によってかなり異なってしまう場合もあります。

 

例えば自分の友人は初任給で30万円もらい、昇給も2万円、ボーナスは基本給の3倍出たとしますが、自分は給料が25万円で昇給も1万円、ボーナスは基本給の2倍ということも普通に存在しているのです。よって求人票をしっかりと見ておくことも重要なのですが、会社の評判なども可能な限り調べておくとよいでしょう。

産業保健師の中では最も募集数が多い雇用形態

産業保健師は人気の求人でありながら、募集している人数や数が少ない傾向にあるので、倍率が高くなってしまうのが一般的です。しかし、正社員として採用してくれる求人が最も多くなっているので、当然正社員として就職することを希望した方がよいものの、他の人も考えていることは同じです。ただし、求人が他の雇用形態よりも多いというのはメリットと言えるでしょう。

 

ただし、時期によっては紹介予定派遣の方が多い場合もあるのですが、大体年間でトータルすると、正社員の方が多くなっています。また、大手企業ではいろいろな雇用形態で募集をしていることもあるのですが、中小企業では正社員でなければ求人を発見するのも難しくなっています。よって条件もよく、求人も多く出ている正社員がおすすめなのはいうまでもありません。