産業保健師 志望動機 例文

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】

産業保健師に限らず、就職活動を行うときにはかならず履歴書が必要になります。履歴書は経歴や資格の有無、個人情報などを書く書類となっているので、それほど難しいことはないのですが、1つだけ履歴書を書くときに、毎回頭を悩ませる項目が存在しているのです。それが志望動機なのですが、志望動機の蘭が存在していない履歴書はないので、どのような履歴書を購入しても書くようになります。

 

そんな志望動機を書くときには、大半の人は購入した履歴書に同封されている履歴書の書き方の部分や、インターネットで志望動機の例文を参考にして書くという人も多くなっているでしょう。しかし、例文は参考にしてもよいのですが、中には丸写しをする人も存在しています。会社の人事担当者であれば、簡単に志望動機の例文を丸写ししたことはわかるので、絶対にやってはいけません。

産業保健師の場合、志望動機の欄に何を書くべきなのか

もし産業保健師を目指して求人を探し、いざ面接に行くことになったら、履歴書の志望動機にはどのような文章を書くべきなのでしょうか。一般的には産業保健師の仕事に興味を持っているという内容になるでしょうが、これだけでは例文を丸写ししているのと同じです。そこでどのようなことに興味があるのかという点まで詳しく簡潔に書くことが大切なのです。

 

【例文】

  • 自分の友人が会社勤めて精神的にまいっているのを見て、このような人たちを助けるために民間企業で仕事をしてみたい。
  • 自分のスキルを活かして、従業員にとって安心して働ける企業づくりに貢献したいと思った。
  • 医療機関ではなく、一般社会の中で自分のスキルを活かしたいと思った。

 

こういった、やる気を見せることができる内容の志望動機が望ましいです。

 

正直、産業保健師の仕事に興味があるから応募しているのであって、それをわざわざ履歴書に書く必要はないのです。そして最も大切なのは、うまく書けなくても自分の言葉で書くことが重要です。

関連記事

産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較