産業保健師を目指す人&在職者向けのセミナー・研修会について

産業保健師を目指す人&在職者向けのセミナー・研修会について

これから産業保健師を目指すけれど、保健師としての経験はあっても、産業保健師として勤務したことがないので不安に感じてしまうという人や、産業保健師として就職することに成功したものの、知識に自信がないという人もいると思います。

 

そんな時には産業保健師を対象としたセミナーや研修会に参加することをお勧めします。産業保健総合支援センターなどの行政法人機関であれば、無料でセミナーに参加できることが多いので、あまりお金に余裕がないという人でも安心して受けることが可能です。

 

セミナーの内容にも色々とあり、初心者向けのセミナーもあれば、中級者や上級者でもためになるような内容のセミナーまで数多くなるのですが、セミナーというのは大半が初心者向けになっています。

 

更にこれから産業保健師を目指そうとしている人向けのセミナーと、在職者向けのセミナーにも分けられているのですが、これから産業保健師を目指そうとしている人は、一般的な初心者向けのセミナーよりも、復職者向けのセミナーの方がよい場合もあるので、しっかりと内容を確かめてから参加してみましょう。また、セミナーは1つしか受けられないということはありませんので、受付をしておけば複数受けることも可能になっているため、初心者向けと復職者向けの両方を受講するという人もいます。

 

在職者の場合には、当然復職者向けのセミナーは適していませんので、キャリア形成やメンタルケアを中心としたセミナーが役に立つでしょう。今まで紹介したセミナーは一般的なものなのですが、他にも健康診断関連のセミナーもあれば、喫煙者に対する対処を勉強するようなセミナーも存在しているので、在職者の場合には会社の状態に合わせて、定期的にセミナーを受講すると、しっかりと勉強もできるのでお勧めできます。

 

セミナーには必ず定員が決められているのですが、少ない場合は15名前後になっていますし、多い場合には60人前後になっているようなセミナーもあるので、定員が少ない場合には早めに申し込みを行いましょう。