産業保健師の求人情報【常勤登用前提の紹介予定派遣の案件】

産業保健師の求人情報【常勤登用前提の紹介予定派遣の案件】

経験が浅くても採用してもらいやすい

紹介予定派遣というのは一般的な派遣と違って、一定期間勤務することで、正社員として登用してくれるという条件付きの求人なのです。もちろん本人と会社側の両方で同意されることが条件ですが、会社側が断ってくることはほとんどありません。しかも紹介予定派遣にはメリットがたくさんあるのですが、その中の1つは多少経験が浅くても採用してもらいやすいということです。

 

基本的に最初は派遣となるので、当然派遣会社がいろいろとサポートしてくれるため、経験が浅くても採用してもらえる確率が高いのですが、経験というのは産業保健師としての経験ではなく、保健師としての経験という意味です。また、看護師の経験であっても問題なく就職することが可能です。

 

しかし、産業保健師は1人で勤務することも多くなっているので、ある程度経験がないと厳しいと言われているものの、紹介予定派遣であれば、僅かな経験でも採用してもらえる可能性がありますし、求人票を見ても、経験何年と指定されていない場合があるので、何としてでも産業保健師として働きたい場合には、紹介予定派遣で応募してみましょう。

実際に働いたうえで、どのような会社なのかを知ることができる

いろいろな会社で募集を行っている産業保健師ですが、求人票を見ただけでは、どのような会社であるのかわからない場合が多いですし、実際に就職してみないとわからない部分の方が圧倒的に多くなっています。そんなときには紹介予定派遣として就職するのがおすすめなのですが、なぜならいきなり正社員として就職するのと違い、すぐに辞めてしまっても派遣会社は変わらないので、履歴書に書く必要がありません。

 

しかも正社員採用を決定するときに断ることも可能ですし、辞めたとしても正社員は自分で就職活動をするので、すぐに次が決まるとは限りません。その点紹介予定派遣であれば、次の仕事も比較的早く見つかるため、しっかりとどのような会社なのかを見極めることができる紹介予定派遣はメリットが多いのです。