産業保健師 求人 医務室

一般企業の医務室・保健室・健康管理室で働く保健師について

一般企業の産業保健師求人の現状

一般企業の医務室・保健室・健康管理室の保健師求人は人気が高い求人で、求人数も少ないことから、求人募集情報を見つける事は難しい現状となっています。採用情報を見ていても経験者優遇などという企業も多いですね。前歴に治験関連企業で働いていた経験があると特に有利みたいです。しかし、経験者でなくても働ける企業・会社はありますので安心して下さい。

 

一般企業で働く産業保健師の仕事内容

企業や会社では「医務室」「保健室」「健康管理室」などの部署で業務を行う形となります。主な仕事内容は企業・会社で働く社員さんの健康管理です。年に一回から二回程度ある健康診断の予約をし、その結果を診て経過観察が必要なのか、再診が必要なのか、産業保健師さんの力でなんとかなるのか、などを判断して社員さんに通達・ケアを行います。
もう一つ大事な業務があります。それは、社員さんのメンタルケアです。社会の病気とも言える、心の病。社員さんが日ごろ抱えるストレスからうつ病などになってしまうケースも多々あります。病気が進行してしまうと、仕事が出来ない状態や職場復帰が難しい状態になる場合もあり、この予防も産業保健師としての大事な仕事となります。社員さんの心の休まり所、相談所といったように相談や悩みを打ち明けに来る方もいらっしゃいます。そのため、しっかりと聞いてあげて産業保健師としての専門的な視点から意見・アドバイスを行う事が必要となります。時には自分から話をしに行ったり、と社員さんの元気が企業や会社の元気へと繋がるような役割も産業保健師にはあります。

 

一般企業で働く産業保健師のやりがい

産業保健師は仕事の責任感が多く、やりがいを感じて働いている方が多くいます。やはり、一番のやりがいは「元気な笑顔」でしょう。これを見れた時に多くの産業保健師さんが本当にこの仕事で良かったと感じるようです。社員さんの元気がなければ、企業・会社全体の活気も上がりません。体・心全ての健康状態に常に目を光らせ、日々業務を行い、社員さんそして企業全体の活性化に繋がるとベストですね。

 

一般企業で働く産業保健師の給与

保健師の平均年収約530万円という結果ですが、企業で働く産業保健師の平均年収は400万〜800万だそうです。もちろん、企業や会社によって年収は違ってきます。プラス経験年数・前歴などによっても違うようです。

 

一般企業で働く産業保健師に求められる人材

『コミュニケーション力+人当たり』でしょう。企業や会社が初めて産業保健師社員さんを雇う場合、産業保健師としての役割をわかってもらわなくてはなりません。ただただ医務室や保健室、健康管理室にいるだけでは、全く存在感がありません。産業保健師とはどんな仕事をしているか、社員さんはわかっていません。気軽に安心して相談出来る場所という認識を持ってもらうためには必要なスキルと言えます。