産業保健師 コネ

産業保健師になるためにはコネが必要?

●コネはなくても問題ない
産業保健師は保健師の資格を持っていれば求人に応募することもできますし、探せば求人募集も発見できるので、特にコネなどなくても就職することは十分可能です。コネよりも必要なことは、保健師としての経験や資格となっているのですが、資格は保健師だけでも特に問題はありません。ただし、保健師以外にも仕事で役立つ資格を持っていれば当然採用してもらえる確率は上がります。

 

産業保健師として働くのに役立つ資格はたくさんあるので、どれでも好きな資格を1つ取得しておくだけでも産業保健師の仕事に興味がある、産業保健師の仕事をする時に必要な知識を持っているという証明になるので、コネよりも資格を重要視しておきましょう。そして行政保健師でも病院保健師でもよいので、できればある程度経験を積んでから産業保健師の求人に応募するべきです。

 

●それでも、コネ入社があるのは事実
コネは特になくても十分産業保健師として就職することは可能なのですが、コネがあるのであればよいに越したことはありません。社長や重役たちが誰かよい保健師はいないのかと検討を行っているときに、コネがあればこの人は保健師としての知識も豊富で、医療技術も持っているのできっと役に立ってくれると発言すれば、当然優先的に採用してもらえます。

 

しかも面接を行わずに採用してくれる場合もありますし、求人を出さないでコネで紹介した人が採用されることもあります。しかし、昔はよくコネで大手企業に就職する人がいたのですが、現在ではずいぶんコネで就職する人が減っている傾向にあります。やはり自分の紹介した人がきちんと仕事を行ってくれない、技術や知識が不十分という例もあるので、きちんと面接をする企業が増えているのです。

 

そうなってしまうと紹介した方の人のイメージも悪くなってしまうので、最近ではコネで就職する人というのは少なく、民間企業ではあまりなくなってしまいました。しかし、完全になくなったというわけではないので、コネがあれば産業保健師として就職できる可能性はあります。