産業保健師の採用に年齢制限はある?

産業保健師の採用に年齢制限はある?

産業保健師として働く場合、年齢による制限があるのか気になっている人もいるでしょうが、基本的に定年退職前であれば問題はありません。しかし、さすがに60代だとすぐに定年退職になってしまうことから、60歳未満でないと採用してもらうのは難しい場合が多くなっています。

 

もちろん若い方が採用してもらいやすくなるものの、あまり若いと経験不足を指摘されて、採用を見送られてしまう場合もあるので、最も適切な年齢は、30代から40代と言えるでしょう。求人案内に年齢のことが書かれていることは少ないですし、書かれていても60歳未満と書かれている場合や、定年退職前であれば歓迎と書かれている場合が多いのですが、実際には会社によって変わってきます。

 

なぜ30代から40代が最も採用してもらいやすいのかというと、ある程度若くて体力もあり、更に経験数や知識もしっかりと備わっているという点からこの年代が最も採用してもらいやすいのですが、30代から40代が重宝されるのは、産業保健師のような医療関連の仕事が中心となっています。

 

一般職で40代ではあまり仕事がないような状態になってしまい、更に未経験だと35歳未満や20代でなければ採用してもらえないことが多くなっているものの、医療関連の場合には経験が重要ですし、特に産業保健師の場合には未経験者の採用は難しくなっています。それは1人で勤務する場合や、1人ではなくても少人数で勤務することが多いので、即戦力でないと務まらないという特徴があるからです。

 

その分他の保健師よりも待遇がよくなっていますし、慣れてくれば他の職場より働きやすいという保健師も多くなっていることから、かなり人気の職業となっているのが現状です。よって年齢はそれほど気にする必要はありませんが、産業保健師の場合には、30代から40代が最も就職しやすい年齢で、20代と50代では、50代前半と20代後半であれば、ある程度採用してもらいやすくなっています。50代後半でも十分な知識と経験があれば採用してくれる企業もあるでしょうが、20代の前半や60を過ぎている人は難しいでしょう。