産業保健師 辞めたい

【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?

 

私が産業保健師を辞めたいと思った瞬間は、入社してすぐの頃です。入社して数日しか引き継ぎ作業が行われなかったため、応急処置に使用するものはここにしまってあるということぐらいしか聞くことができず、先輩保健師は私が入社して1週間後にもう辞めてしまったため、ほとんど仕事がわかりませんでした。

 

当然、他の人に聞いても全く医務室のことはわかっていないので、初めのうちは全く仕事ができないという状態でした。何でしっかりと1ヵ月ぐらい引き継ぎ作業を行わないのかという不信感でいっぱいでした。このようにしっかりと引き継ぎを行わない会社では、先行きに不安を感じましたが、なんだかんだで今も働いています。


 

私は中小企業の産業保健師として入社したのですが、辞めたいと思った瞬間は入社してすぐ訪れました。急に仕事が忙しくなったこともあり、いきなり社長が医務室に来て、事務作業を手伝うようにと言ってきたのです。

 

保健師としての仕事とはかけ離れなた内容なので、一気にやる気がなくなってしまったのですが、中小企業だとこのように忙しい現場に回されることがあるので、やはり大手企業の求人を探した方がよかったのかと思いながらもなんとか頑張っています。しばらくするとまた忙しいところを手伝うように言われたので、本気で辞めたいと思っています。


 

私は大手企業の医務室で産業保健師の仕事をしているのですが、営業に力を入れている職場ということもあり、メンタルケアを中心に行うことが多くなっています。しかし、中にはアドバイスをしてもあれこれ文句を言ってくるような社員がいるのです。こっちは真剣にアドバイスをしているのに、あれは違うこれは違うと言われては、なにをアドバイスしてよいのかわかりません。

 

しかも1度だけではなく、何度も相談に来るのですが、相談に来るたびに文句を言ってくるので、このときばかりは辞めたいと思ってしまいました。


関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較