産業保健師 新卒

産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴

経験年数が書かれていない求人を選ぶ

産業保健師はある程度経験がないと就職するのが難しいと言われているのですが、中には新卒保健師や新人保健師だけど採用してもらえたという人もいるでしょう。そこで新卒保健師や新人保健師が産業保健師になる場合には、どのような企業を選ぶべきなのか、どのような求人を選ぶべきなのかを紹介させていただきます。

 

やはり基本的なことなのですが、求人票に経験何年以上と書かれていた場合には応募することができませんので、経験について書かれていない求人、経験不問や未経験者歓迎と書かれている求人を探す必要があります。そんなのは当たり前と思う人も多いでしょうが、言い換えれば経験が必要ということは、この会社には指導者がいないので、自分で覚えてきてくださいと言っているのと同じです。

 

それに対して未経験者歓迎などと書かれている場合には、この企業では未経験者であってもしっかりと指導できるシステムが整っているということを意味しています。そのため、未経験者や新卒を積極的に募集している企業というのは、将来性が高いということでもあるので、新卒保健師や新人保健師が応募するのにふさわしいと言えるでしょう。

非常勤の求人を狙う

やはり正社員で募集をしている企業というのは経験者を優遇する傾向にあるので、新卒保健師や新人保健師では勝ち残るのが厳しいでしょう。しかし、非常勤と言われているアルバイトやパート、さらには紹介予定派遣の求人が出ている企業というのは、比較的経験が浅くても採用してもらえる傾向にあるので、新卒保健師や新人保健師が応募しても採用してもらえる可能性はあります。

 

ただし、アルバイトやパートで産業保健師の求人を出している企業はかなり数が少ないので、やはりある程度数が多くなっている紹介予定派遣がおすすめできます。また、医務室勤務の求人よりも、企業内診療所に勤務する求人の方が、新卒保健師や新人保健師は採用してもらいやすくなっています。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較