産業保健師 悩み

産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント

企業の情報をしっかりと集める

産業保健師として入職後に悩みを抱えないようにするには、就職活動のときにしっかりと情報収集しておくことが重要です。現在ではインターネットを用いてある程度情報収集をすることができるので、企業の評判や実際に働いている人が書き込んだ意見などを参考にしておくとよいでしょう。ただし、それだけでは十分な情報を得ることは難しいので、会社見学ができる企業を選ぶというのもポイントです。

 

産業保健師の求人を出している企業は大半が大手になっているので、予約を入れれば会社見学ができる場合もありますし、面接のときにも社内を見て回れる場合も多くなっています。このような方法でしっかりと情報収集をしておくことで、後になって悩みを抱えないようにする対策が取れるのですが、やはり実際に就職してみないとわからないことが多くなっています。

 

可能なら単発アルバイトや紹介予定派遣を利用する

いくら情報収集を行うとは言っても、やはり限りがあるのである程度詳しい情報というのは入職してからでなければわかりません。ならば実際に入職して確かめてみるのが最もよい方法と言えるでしょう。しかし、正社員では採用してもらうのが難しいですし、二度と同じ職場へ行くことはできないので意味がありません。

 

そこでおすすめなのは単発アルバイトや紹介予定派遣を利用する方法です。単発アルバイトで産業保健師の求人は滅多に出ていませんが、全く出てないわけではないので、求人が見つかれば実際に数日勤務して体験することもできるでしょう。また、次回求人が出ていた時に応募することも可能です。

 

紹介予定派遣は最初に派遣として勤務することで、ある程度社内のことを知ることが可能ですし、あまりよくない企業であれば、正社員になる前に断ることで、履歴書にも記入する必要はなく、すぐ他の職場を探すことも可能になります。このような方法であれば、しっかりと企業内のことまで情報を得ることが可能です。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較