産業保健師 未経験

未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由

◆職場環境の改善のため産業保健師の人員を補強
バブルが崩壊してからは、大手企業でもリストラを実施して人員削減を行っているのに、なんで産業保健師を積極的に採用しているのかと疑問を持つ人もいるでしょう。その理由は、産業保健師の存在が重要視されているからです。バブルが崩壊して不景気な時代になってからストレス社会と言われるようになったことは知っているでしょう。

 

しかし、問題なのはそれだけではなく、外国から大量の移民が入ってきた上に、インターネットの発達で海外の情報まで簡単に得られるようになりました。さらに外国、特に欧米では些細なことで裁判沙汰にする人が多いこともあり、日本人も外国のまねをしてこのようなことで訴えてもよいと考える人が増加しているのです。

 

商品の取り扱い方が悪いのに、製造した会社が悪いと言って裁判にする人がいるように、近年では会社で仕事中に病人やケガ人が出るとすぐインターネットで情報が広まってしまい、しかも裁判沙汰にする人が多く、ブラック企業などのレッテル貼りも行われているので、このような事態にならないように、会社側も産業保健師を積極的に採用して対策を練るようになっていったのです。

 

◆メンタルケアを重要視する企業が増えている
ストレス社会の影響は裁判沙汰にする人が増えただけではなく、すぐに辞めてしまう人が多いのも理由の1つと言えるでしょう。会社で仕事をすれば当然嫌なこともありますし、ストレスも溜まってしまいます。現在ではストレスが原因で病気になる人もいますし、ストレスが理由で休業してしまう人や、辞めてしまう人が非常に多くなっています。

 

そのため、ストレスや体調管理をしっかり行えるようにと産業保健師の存在が重要視され、求人を出して産業保健師を採用する企業が多くなってきたのです。特に産業保健師は新卒がほとんどいないので、通常中途採用となることから産業分野の未経験者も積極的に採用する企業が多くなっています。今後も産業保健師の求人を出す企業は増えていくでしょう。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較