行政保健師(公務員)と産業保健師を比較

行政保健師(公務員)と産業保健師を比較

●「安定」しているのはどっち?
産業保健師は大手企業で勤務することが多いので、当然中小企業よりも遥かに安定していますし、日本政府は大手企業を優遇する傾向にあるため、産業保健師として勤務できればかなり将来性は高いと言えるでしょう。しかし、行政保健師は公務員という扱いになっているので、安定感という意味では他の追随を許さないと言えますし、大手企業以上に優遇されているため、安定感だけで言えば、確実に行政保健師の方が安定しています。

 

近年は不景気な時代が長続きしているので、大手企業だからと言って安心はできませんし、実際に倒産している大手企業や、吸収合併している大手企業もあるため、確実に安心できるとは言えません。しかし、行政保健師は吸収合併というのは存在していない上に、職場を異動することはあっても、倒産するということはありえませんので、安定感だけを求めるのであれば行政保健師がよいでしょう。

 

●給料で比較
行政保健師は公務員だから、給料面でもとても恵まれていると考えている人もいるでしょう。しかし、給料は正直言って産業保健師の方が恵まれています。産業保健師は初任給であっても経験が十分あればかなり高い給料をもらうことが可能になっていますし、昇給もボーナスもほぼ確実にもらえるので、将来的にはかなり給料が高くなることも決して珍しいことではありません。

 

それに対して行政保健師は、経験者であっても比較的初任給が安くなっている傾向にあるのです。よって初任給ではかなり高い確率で産業保健師の方が高くなっていますし、将来的にも産業保健師の方が給料が高いという可能性も高いでしょう。しかし、行政保健師は昇給の金額やボーナスの金額が高くなっているので、年数やどの企業に就職するのかによっては行政保健師の方が最終的に給料が高くなる可能性も十分あります。

 

ただし、行政保健師は公務員でも地方公務員という扱いになるので、国家公務員のようにほとんど仕事もしないで高い給料がもらえるというわけではありません。よって仕事のきつさはどちらも同じだと言えるでしょう。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較