産業保健師 中小企業

産業保健師としての転職先にあえて中小企業を選ぶメリット

対象人数が少ないので仕事が楽になる

産業保健師の求人は大半が大手企業となっているのですが、中には中小企業であっても産業保健師の求人を出している場合があります。では、中小企業に転職することでどのようなメリットがあるのでしょうか。中小企業は大手企業に比べて人数が少なくなっているので、仕事の対象となる人の数が少ないというのがメリットです。

 

人数が多ければ多いほどメンタルケアや健康相談、健康管理が面倒になるので、人数が少ない方が確実に仕事が楽になります。しかし、あまり人数が少ない中小企業では、産業保健師を募集していない場合が多いので、最低でも100人以上はいると考えてよいでしょう。もちろんもっと社員数が少ない場合もあるのですが、大半が大人数の会社となっています。

企業全体の風通しがよく、仕事がしやすい

大手企業というのはどうしても派閥ができているのですが、学校でも仲の良いグループがいくつかできるように、人数が多ければ多いほど派閥はできやすくなります。しかも大手企業は上司が作業場で仕事をすることは少ないので、保健師の仕事に口を挟んでくる人も多くなっています。

 

それに対して中小企業の場合には、たとえ社長であっても自ら社員と一緒に仕事をすることが多いので、現場の人間にはいろいろというでしょうが、産業保健師にまで口を挟んでくることはあまりありません。しかも少人数の部署に分けられていることが多いので、やはり派閥ができにくくなっているのが特徴でしょう。よって仕事のやりやすさでは大手企業よりも中小企業の方が恵まれているのです。

 

さらに産業保健師が大手企業に勤務するときには、企業内診療所が存在していることもあり、医師や看護師も同時に勤務しています。それに対して中小企業の場合には、ほぼ確実に普通の医務室となっているので、通常は1人、多くても2人で勤務しているため、自分のペースで仕事をしたいという人にも向いていると言えるでしょう。その反面、ある程度経験がないと難しくなっているのが現状です。

関連記事

産業保健師として採用されやすくなる志望動機の書き方【例文付き】
産業保健師を目指す学生はインターンシップを活用しよう!
産業保健師への転職活動と並行してやっておくべき勉強
産業保健師としての採用を有利にする「衛生管理者」の資格
産業保健師として働くために必要なパソコンスキル&おすすめのエクセル・ワード参考書
未経験者を産業保健師として積極的に採用する企業が増えている理由
産業保健師が入職後に悩みを抱えないための企業選びのポイント
産業保健師の採用試験を突破するための心構え
産業保健師の採用試験を突破するために必要な心構えとは
産業保健師になりたい新卒保健師・新人保健師が選ぶべき企業の特徴
産業保健師として転職するなら「福利厚生」が充実している企業を選ぼう!
産業保健師は1人の職場が多い?1つの企業あたりの産業保健師の配置人数の現状
【インタビュー】産業保健師に聞きました!!「辞めたい」と思った瞬間は?
【コラム】産業保健師の歴史 〜企業の産業保健活動に関する取り組みの移り変わりの中で〜
産業保健師に向いているのはこんな人!!【適性診断5項目】
行政保健師(公務員)と産業保健師を比較
学校保健師と産業保健師を比較
病院保健師と産業保健師を比較