産業保健師 臨床経験

産業保健師になるためには看護師としての臨床経験も必要?

●臨床経験は無いよりもあった方が有利
産業保健師としてこれから仕事をしていく場合には、看護師としての臨床経験が必要なのかというと、必ずしも必要というわけではありませんが、当然経験があった方が面接では有利になるでしょう。企業によっては看護師を採用している場合もありますし、ときには医務室のベッドで休むこともあるので、医療に関する経験は何でもあった方が有利になるのは確実です。

 

ただし、臨床経験がないから不採用になるということはまずありませんので、臨床経験よりも保健師としての実戦経験の方が大切になってきます。産業保健師の主な仕事は健康相談やメンタルケアになっているので、求人で保健師と銘打っている以上は、やはり企業側としては健康相談やメンタルケアに力を入れているので、保健師が欲しいと言っているのです。

 

もちろん臨床経験を積んだとしても、当然経験の一部として扱われるので、何年も臨床経験がある人であれば、当然企業側もこの人を採用したいと思う場合が多いため、看護師としての経験や保健師としての経験は全て役に立つと考えてよいでしょう。ただし、医療関連の仕事以外では当然経験があるとは言えません。

 

●臨床経験よりも保健師としての実績の方が大切
民間企業の求人を見ると、産業看護師を募集している場合と、産業保健師を募集している場合があります。産業保健師と書かれていた場合には、保健師でなければ応募できませんが、産業看護師と書かれていた場合には、保健師であっても応募が可能です。なぜなら保健師の資格を持っている人は全て看護師の資格も持っているからです。

 

よって看護師としての経験も、保健師としての経験も役立つのですが、やはり保健師を募集しているということは、保健師として経験を積んだ人を欲しいと考えていると思うべきでしょう。もちろん産業保健師としての経験だけではなく、学校保健師や行政保健師、病院保健師でも同じですが、看護師としての臨床経験よりも、保健師の実戦経験の方が有利なのは間違いありません。