産業保健師 求人倍率

産業保健師の求人倍率はどのくらい?

●保健師求人の中ではトップクラスの倍率
求人には必ず倍率が存在していて、倍率が高いほど応募者が多くて採用人数が少なくなっているので、当然採用してもらうのが難しくなります。では、産業保健師の倍率はどのようになっているのかというと、数多く存在している保健師求人の中でも、産業保健師の求人倍率はトップクラスとなっています。

 

通常保健師が勤務する職場というのは、公務員として勤務する行政保健師、学校に勤務する学校保健師、医療機関に勤務する病院保健師と民間企業に勤務する産業保健師があります。病院保健師と行政保健師もある程度倍率が高くなっていることはありますし、応募希望者が多くなることもあるのですが、学校保健師と産業保健師はもっと倍率が高くなっているのが一般的です。

 

では、平均するとどれぐらいの倍率になっているのかというと、大体2.6%が保健師の平均的な倍率になっているので、2人に1人か3人に1人ぐらいしか希望の会社に就職できないということになります。もちろん平均的な数字なので、もっと低い場合もあれば、10倍を超えるような求人が出ている場合もあるのです。

 

●なぜ、産業保健師は倍率が高いのか
産業保健師は他の保健師よりも求人倍率が高くなっているのですが、なぜ産業保健師は求人倍率が高くなっているのでしょうか。その理由はいろいろとあるのですが、やはり待遇がよいというのが最大の理由でしょう。産業保健師は他の保健師に比べて、平均給料が最も高くなっているので、やはり誰であっても給料のよい職場で働きたいため、求人倍率が上がってしまうのでしょう。

 

また、産業保健師の求人を出しているのは大半が大手企業となっているので、福利厚生もしっかりとしていますし、昇給やボーナスもきちんと支給されるのが一般的です。他にも残業が少ないことや、夜勤や休日出勤がないなど恵まれている点が多数あるので倍率が高くなるのですが、基本的に保健師というのはどこの職場でも倍率は高めとなっています。