治験 保健師 求人

保健師の資格を活かして治験関連企業へ転職

治験コーディネーター・臨床開発モニターの求人の現状

治験関連企業で働く治験コーディネータの求人情報は少なくなっています。主に保健師としての資格というよりも看護師としての資格さえ持っていれば応募条件には当てはまる治験関連企業が多いように感じます。

 

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネータは治験関連企業に従事し、製薬会社などから治験依頼を受けて、責任医師の監督の下で協力をして業務を行います。
治験とは日々開発される新薬を動物(マウスなど)から実験を行い、人間に服用しても安全であるか、効能、副作用などを検査することです。治験コーディネータとしての仕事内容は、人体への投与実験を始める時に、医者と患者(ボランティア)との間に立ち、治験を行う際の注意点、新薬の説明、治験の補助、スケジュール管理など事務的業務の他にも患者の質問に答えたり、メンタルケアを行ったりとコミュニケーションも大事な業務となります。

 

治験コーディネーターの給与

治験コーディネータとして働く際に正直な話、給与はあまり期待出来ません。未経験者では、平均年収250万円〜と非常に厳しい現状となっています。もちろんこのように年収があまり高くない企業ばかりではありませんが、次へのステップアップと考えて経験を積んでいる方が多いように感じます。

 

治験関連企業に求められる人材

「コミュニケーション力+好奇心」のある方に最適と考えます。新薬のみと関わるだけでなく、チームとして人と関わるケースが多いためです。患者や医師、医療スタッフとの関わりが多くなり、コミュニケーション力が必要となります。好奇心については、新らしい薬を主に扱うために、薬や疾患について勉強をする事が多くなります。そのため、好奇心旺盛で勉強家っていう事も必要なスキルとなるでしょう。